クリックして画像を拡大
1 アジア文化史の研究

1 アジア文化史の研究

書名 : 1 アジア文化史の研究
編著者 : 斎藤 忠
価格 : 7,344 円
初版年月日 : 2007/11/22
ISBNコード : 9784639020011
シリーズ名 : 斎藤忠著作選集 続
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:
シリーズ一覧

この商品に関するお問い合わせ

体裁

260,60,12p / 21cm
上製・ケース

内容紹介

古墳壁画に描かれた各種の文様、碑文が語る歴史、四神思想に関連する十二支像の思想など、中国・朝鮮半島そして日本の広大な文化の流れを語る。

著者紹介

斎藤忠 [サイトウタダシ] 1908年宮城県に生まれる。1932年東京大学文学部国史学科卒業。文化財保護委員会主任調査官・東京大学教授・大正大学教授をへて、現在大正大学名誉教授・財団法人静岡県埋蔵文化財調査研究所長・財団法人飛鳥保存財団理事・文学博士

目次

第1章 日本文化史研究(考古学から見たいわゆる「弘法大師伝説」について;日本人の祇園精舎観)
第2章 北朝鮮・韓国文化史研究(新羅初創の寺院 興輪寺に関する考察―狩猟文〓(せん)と立樹双鳥・獅子文彫石に関連して
慶州新羅奉徳寺鐘について―実測図の紹介をかねて
開城市霊通寺跡の大覚国師碑の現状について―付 霊通寺について
高麗玄化寺碑について―とくに線刻の図文の紹介
妙香山普賢寺碑)
第3章 中国文化史研究(清竜寺考;中国高麗寺と義天―高麗寺復興の紹介をかねて)
第4章 中国と韓国・北朝鮮文化史研究(唐・宋の陵墓の墓域の石造物とその新羅・高麗への影響;隋・唐の十二支像の発達と新羅への影響;中国洛陽竜門奉先寺洞と韓国慶州石窟庵との関係について)
第5章 東南アジア・東アジアの塔・古墳などの壁画の諸相(中国繁塔に見られる求法僧の彫刻について;アジアの古墳・石窟・仏塔などの壁画に見られる民衆の姿;私の見た高句麗の古墳壁画;高句麗・百済・新羅の古墳の壁画などに見られる竜文について)

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る