クリックして画像を拡大
同盟国タイと駐屯日本軍

同盟国タイと駐屯日本軍

書名 : 同盟国タイと駐屯日本軍
編著者 : 吉川 利治
価格 : 2,376 円
初版年月日 : 2010/12/10
ISBNコード : 9784639021605
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:

この商品に関するお問い合わせ

体裁

191p / 21cm / A5判
並製・カバー

内容紹介

第二次世界大戦期の日本・タイ同盟関係の真実とは―英領ビルマ・マラヤ侵攻上、タイに駐屯せざるを得なかった日本と独立国家の威信を守らなければならなかったタイ。 「強制」と「友好」、「協力」と「抗日」など様々な局面を見せる戦時下の両国関係を双方の歴史資料を駆使して明らかにする。

著者紹介

吉川利治 [ヨシカワトシハル] 1939年大阪市生まれ。1962‐64タイ国立チュラーロンコーン大学文学部留学。1963年大阪外国語大学タイ語学科卒業。1964年大阪外国語大学タイ語学科助手。1985年大阪外国語大学地域文化学科タイ語専攻教授。1987‐89年京都大学東南アジア研究センター客員教授。1994‐95年東南アジア史学会会長。2002年タイ国立シンラパコーン大学文学部客員教授。2005年大阪外国語大学名誉教授。2009年タイ国アユタヤで急逝

目次

第1章 ピブーン政権と日本(タイの立憲君主革命と日本;ピブーンの民族運動 ほか)
第2章 タイ駐屯日本軍(「タイ駐屯軍」と「インドシナ駐屯軍」;日タイ協同作戦 ほか)
第3章 日本軍による米の調達(日本軍が戦時中にタイで占有していた事業;戦前のタイ米の輸出 ほか)
第4章 忘れられた対日協力機関(タイ日合同委員会から「日泰政府連絡所」へ;タイ滞在の日本兵の法的地位 ほか)

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る