クリックして画像を拡大
近世大名葬制の考古学的研究

近世大名葬制の考古学的研究

書名 : 近世大名葬制の考古学的研究
編著者 : 松原 典明
価格 : 8,640 円
初版年月日 : 2012/05/25
ISBNコード : 9784639022244
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:

この商品に関するお問い合わせ

体裁

328p / 21cm / A5判
上製・ケース

内容紹介

著者は、2004年以来、機を得て参画した大名家墓所の改修に伴う調査において、下部構造を具に観察し精査する好機に際会し、爾来、近世大名の葬墓制に大きな関心を抱き関連遺跡の調査研究に邁進したのである。
その結果、近世大名家の墓所造営には「儒葬的要素」が見られることを主張するにいたった。近世儒学の祖と位置づけられている藤原惺窩など儒者の葬墓、武家の藤堂高久、深溝松平家の葬墓などの調査により、朱熹の『家禮』に基づく「喪禮」の実際が重用されていることを突き止めたのである。
(本文序文より 立正大学名誉教授 坂誥秀一)

著者紹介

著者は、2004年以来、機を得て参画した大名家墓所の改修に伴う調査において、下部構造を具に観察し精査する好機に際会し、爾来、近世大名の葬墓制に大きな関心を抱き関連遺跡の調査研究に邁進したのである。
その結果、近世大名家の墓所造営には「儒葬的要素」が見られることを主張するにいたった。近世儒学の祖と位置づけられている藤原惺窩など儒者の葬墓、武家の藤堂高久、深溝松平家の葬墓などの調査により、朱熹の『家禮』に基づく「喪禮」の実際が重用されていることを突き止めたのである。
(本文序文より 立正大学名誉教授 坂誥秀一)

目次

序論 近世大名家墓所研究の視点と目論見
第1章 近世大名家墓所の構造様式
第2章 近世武家社会における葬制
第3章 近世大名家墓所の地下構造と喪禮実践の歴史的脈略
第4章 墓所造営と近世大名家の喪禮実践とその思想
第5章 儒者ネットワークと喪禮実践
第6章 結論

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る