クリックして画像を拡大
縄文社会における土器の移動と交流

縄文社会における土器の移動と交流

書名 : 縄文社会における土器の移動と交流
編著者 : 水沢 教子
価格 : 15,120 円
初版年月日 : 2014/10/30
ISBNコード : 9784639023357
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:

この商品に関するお問い合わせ

体裁

27cm/B5判上製・函入/304頁

内容紹介

縄文社会の復元に向けたTCモデルの提唱―
縄文時代中期の中央高地を中心に、考古学的方法と自然科学的方法を駆使し、土器型式・製作技術・胎土の分析から得られた厖大な情報を総合・理論化することにより、土器の製作と移動、人と集団の動態を解明する。

著者紹介

【著者略歴】水沢教子(みずさわきょうこ)
長野県生まれ
1991年3月 東北大学大学院文学研究科(国史学専攻)博士課程前期修了 博士(文学)
現在 長野県埋蔵文化財センター調査研究員、東北大学非常勤講師、長野県立歴史館客員学芸員

目次

序 章 
第1章 先史・古代社会の領域と交流に関する研究史
第2章 中央高地縄文時代中期集落の構造と展開
第3章 中央高地の土器からみた人々の交流
第4章 胎土分析の方法とその展望
第5章 胎土分析の実践
第6章 胎土分析による先史・古代社会の復元とその可能性
終 章 

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る