クリックして画像を拡大
中国古代史論集―政治・民族・術数―

中国古代史論集―政治・民族・術数―

書名 : 中国古代史論集―政治・民族・術数―
編著者 : 早稲田大学長江流域文化研究所
価格 : 7,344 円
初版年月日 : 2016/09/05
ISBNコード : 9784639024354
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:

この商品に関するお問い合わせ

体裁

22cm/A5判上製・カバー/324頁

内容紹介

「早稲田大学長江流域文化研究所」が推進してきた、日中共同研究プロジェクトの協力者による中国古代史の最新研究論文集。

目次

序 文  (工藤元男)
出土資料より見た西周王朝と諸侯の関係
―河南・湖北・山西地域の西周墓葬の分析を中心として ―( 岡本真則)
「息嬀説話」考
― その変遷から見た春秋時代における女性の再婚の位置づけ ―(平林美理)
里耶秦簡よりみた秦辺境における軍事組織の構造と運用(小林文治)
秦漢「県官」考(水間大輔)
前漢文帝期における顧租公鋳法に関する一考察(池田敦志)
三国時代西南夷の社会と生活(柿沼陽平)
後漢安帝の親政とその統治の構造(渡邉将智)
「士王」考 ― 士燮神格化までの過程と評価の変遷 ―(川手翔生)
慕容政権遷都考 ― 五胡十六国時代における胡族「侵入」の一形態 ― (峰雪幸人)
『儀礼』に見える「筮」について ―『易経』の成立に関する一考察 ― (川村 潮)
告地書と葬送習俗(森 和)
出土資料に見える刑徳七舎とその運行理論の相異について(小倉 聖)

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る