クリックして画像を拡大
季刊考古学139号 戦国城郭の考古学

季刊考古学139号 戦国城郭の考古学

書名 : 季刊考古学139号 戦国城郭の考古学
編著者 : 中井 均
価格 : 2,592 円
初版年月日 : 2017/05/01
ISBNコード : 9784639024798
シリーズ名 : 季刊考古学 本誌
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:
シリーズ一覧

この商品に関するお問い合わせ

体裁

26cm/B5判並製/118頁

内容紹介

南北朝から戦国時代の城跡・遺跡の最新の発掘調査や研究の成果から、織豊時代の城郭、江戸時代の城郭へとつながっていく日本城郭史の嚆矢を探る。

著者紹介

中井 均(滋賀県立大学教授)
1955 年大阪府生まれ。龍谷大学文学部史学科卒業。著書に『城館調査の手引き』『歴史家の城歩き』(共著)『中世城館の考古学』(編著)などがある。

目次

戦国城郭を考古学から読み解く 中井 均
戦国城郭の成立と展開
 戦国城郭成立前史  南北朝期の山城・山寺 岡寺 良
 戦国大名の拠点城郭(西日本) 乗岡 実
 戦国大名の拠点城郭(東日本) 溝口彰啓
 国衆の城郭(西日本) 下高大輔
 国衆の城郭(東日本) 河西克造
戦国城郭の多様性
 境目の城 早川 圭
 陣 城 戸塚和美
 村々の城 笠井賢治
 海の城 田中 謙
城と館・城下町
 山城と館 松井一明
 城と城下町 「都市的な場」を包括した戦国期小田原城下町 佐々木健策
城出土の遺物
 土器・陶磁器から見た城の性格 柴田圭子
 瓦が出土する城 加藤理文
戦国城郭の発掘情報
 伊坂城(三重県) 髙松雅文
 新井田館跡(宮城県) 村上裕次
 小田城跡(茨城県) 広瀬季一郎
 関津城(滋賀県) 藤崎高志
 虚空蔵山城(長野県) 竹原 学
最近の発掘から
 特別史跡多胡碑に記された郡衙の姿 群馬県高崎市上野国多胡郡正倉跡 滝沢 匡
連載
 ソウル百済王宮址発見と保存30年史(最終回) 李亨求・訳/木村光一・岡 泉水

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る