クリックして画像を拡大
前方後円墳と帆立貝古墳

前方後円墳と帆立貝古墳

書名 : 前方後円墳と帆立貝古墳
編著者 : 沼澤 豊
価格 : 4,536 円
初版年月日 : 2006/11/22
ISBNコード : 9784639019510
シリーズ名 : 考古学選書
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:
シリーズ一覧

この商品に関するお問い合わせ

体裁

319p / 21cm / A5判
上製・カバー

内容紹介

王族・豪族の古墳は倭王権の一元的造墓統制のもと、王権からの造墓指定に基づいて営まれた。
その規制の度合いを全国の前方後円墳と帆立貝古墳から推察する。
さらに被葬者の性格についても言及していく。

著者紹介

沼澤豊 [ヌマサワユタカ] 1946年東京生まれ。早稲田大学文学部卒。千葉県の埋蔵文化財専門職員として多くの発掘調査に従事。現在、千葉県立現代産業科学館副館長。報告書、論文多数。近年は古墳の築造企画論にテーマをしぼり論考を発表している

目次

第1部 24等分値築造企画論(円墳の築造企画―6等分値から12等分値へ;前方後円墳の後円部―24等分値にたどりつく;古墳の造営尺;墳丘の規模と序列―墳丘規格の復元的把握法;墳丘の断面と斜面構成 ほか)
第2部 帆立貝古墳築造企画論(古墳の築造企画と造営尺;複数の突出部をもつ古墳;大・小突出部の性格区分;造出付円墳;円墳における造出の特性 ほか)

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る