イメージ画像

新刊

表示順序
再検索
詳細カテゴリから検索する
116件の商品がございます。
三角縁神獣鏡・ 同笵(型)鏡論の向こうに

三角縁神獣鏡・ 同笵(型)鏡論の向こうに

編著者 :
鈴木 勉 
価格 :
3,024 円
初版年月日 :
2016/12/5
ISBNコード :
9784639024217
在庫状況 :
在庫あり
概要文
三角縁神獣鏡を含む青銅鏡1000面以上の三次元計測のデータベースを元に、復元研究と製作技術論的視点から三角縁神獣鏡「出吹き」生産を唱え、「前方後円墳体制論」に再検討を迫る。
数量:
詳細を見る
雄山閣アーカイブス 塩の日本史

雄山閣アーカイブス 塩の日本史

編著者 :
廣山 堯道 
価格 :
2,592 円
初版年月日 :
2016/11/25
ISBNコード :
9784639024552
シリーズ名 :
雄山閣アーカイブス
在庫状況 :
在庫あり
概要文
日本人はどのように塩を作り、塩と関わってきたのか。
製塩のための設備や用具、製塩技法、塩にまつわる言葉の数々。さらには製塩業の経営や塩の流通と消費など、塩と日本人のつきあいを様々な視点から浮かび上がらせる名著、ここに復刊!
数量:
詳細を見る
5 蘇我氏の研究

5 蘇我氏の研究

編著者 :
平林 章仁 
価格 :
5,400 円
初版年月日 :
2016/11/25
ISBNコード :
9784639024460
シリーズ名 :
日本古代氏族研究叢書
在庫状況 :
在庫あり
概要文
推古天皇が蘇我氏に擬えた「日向の駒」、蘇我馬子が推古天皇に割譲を求めた「葛城の県」、蘇我氏が仏教を受容した本当の理由、物部氏との抗争と石上神宮の祭祀との関連などの問題について、これまでは注目されなかった視点から解明し、新たな蘇我氏像を提示する。
数量:
詳細を見る
日本を知る〈芸能史〉上巻 アジアの視点

日本を知る〈芸能史〉上巻 アジアの視点

編著者 :
田口 章子 
価格 :
3,024 円
初版年月日 :
2016/10/31
ISBNコード :
9784639024507
在庫状況 :
在庫あり
概要文
「芸能と芸道」が根幹を成す日本の伝統文化。
その独自性と普遍性を、第一線で活躍する専門家が実演をまじえて解説する、好評の公開連続講座、待望の書籍化。
上巻のテーマは「アジアの視点」。
海の彼方から列島にうち寄せた芸能の波は、日本の芸能にどのような影響を与えたのか。
”体験する芸能史”ここに開講!
数量:
詳細を見る
中近世陶磁器の考古学 第四巻

中近世陶磁器の考古学 第四巻

編著者 :
佐々木 達夫 
価格 :
7,344 円
初版年月日 :
2016/10/25
ISBNコード :
9784639024521
シリーズ名 :
中近世陶磁器の考古学
在庫状況 :
在庫あり
概要文
中近世における世界・日本各地の陶磁器研究の最新研究成果を網羅。
各地・各時代に生産され流通し使用された陶磁器の一連の流れと変化のなかで、過去の人々の生活の一端を浮彫にする。
数量:
詳細を見る
敵討の歴史

敵討の歴史

編著者 :
大隈 三好 
価格 :
2,592 円
初版年月日 :
2016/10/25
ISBNコード :
9784639024385
シリーズ名 :
雄山閣アーカイブス
在庫状況 :
在庫あり
概要文
歌舞伎などの、非常に多くの演目で扱われている敵討。
はじめは復讐心の自然な発露であった敵討は、武士道が完成する江戸時代には様々な規則が設けられるに至った。
江戸時代を中心に、神代から明治までの敵討を取り上げ、日本人と敵討の関係を浮き彫りにする。
敵討という行為を通じ日本人の精神に思いを馳せる一書、堂々の復刊!
数量:
詳細を見る
季刊考古学137号 古墳時代・渡来人の考古学

季刊考古学137号 古墳時代・渡来人の考古学

編著者 :
亀田 修一  土生田 純之 
価格 :
2,592 円
初版年月日 :
2016/11/01
ISBNコード :
9784639024453
シリーズ名 :
季刊考古学 本誌
在庫状況 :
在庫あり
概要文
朝鮮半島の発掘調査の成果を受けて日本列島資料と比較研究が進み、時期や地域ごとに渡来人の多様な姿が描けるようになってきた。渡来人たちはどのように渡って来て,どのように暮らしたのか。そしてどのように日本列島の人々と同化していったのか。最新の研究成果を示す。
数量:
詳細を見る
日本刀・松田次泰の世界 和鉄が生んだ文化【第2版】

日本刀・松田次泰の世界 和鉄が生んだ文化【第2版】

編著者 :
松田 次泰  かつきせつこ 
価格 :
3,456 円
初版年月日 :
2016/9/30
ISBNコード :
9784639024484
在庫状況 :
在庫あり
概要文
不可能と言われている「鎌倉時代の刀」の再現に挑み、刀剣界で数々の賞を受賞してきた刀匠・松田次泰の作刀の世界を、その心象風景も含めて、かつきせつこの作画により余すところなく描き出す。
※第2版の刊行にあたり、旧版の表記中の不統一あるいは不正確な表現など、数箇所を訂正しております。
数量:
詳細を見る
横穴式石室と古墳時代社会 遺構分析の方法と実践

横穴式石室と古墳時代社会 遺構分析の方法と実践

編著者 :
太田 宏明 
価格 :
6,696 円
初版年月日 :
2016/10/10
ISBNコード :
9784639024422
在庫状況 :
在庫あり
概要文
近畿地方・九州地方を中心に、中国地方、東海地方、関東地方の横穴式石室を類型化しその伝播の様相を検討し、そこから、古墳時代社会組織のあり方を推論する方法論を提示し、実践する。
時代を越えて、遺構という考古資料の性質と研究法を問い直す。
数量:
詳細を見る
大蔵経全解説大事典[新装版]

大蔵経全解説大事典[新装版]

編著者 :
鎌田 茂雄  河村 孝照  中尾 良信  福田 亮成  吉元 信行 
価格 :
45,360 円
初版年月日 :
2016/9/25
ISBNコード :
9784639024446
概要文
「大正新脩大蔵経」収載の全典籍、二九二〇点について、成立、内容、関連書籍、後世への影響、訳者・訳年代を解説。項目の配列は「大正新脩大蔵経目録」に準じる。学者でなくとも読みこなせる平易な内容の、大蔵経 解説書の決定版!
〈本書の概要〉
(1)「大正新脩大蔵経」の二九二〇の全典籍について逐一解説
(2)B5判、約一〇〇〇頁
(3)項目の配列は「大正新脩大蔵経目録」に准ずる
(4)典籍の重要度に応じて各項目を三段階にランク分け
(5)各項目の構成
①典籍名 ②読み ③異称・略称 ④成立 ⑤内容 ⑥後世への影響⑦関連書籍 ⑧訳者・訳年代 ⑨参考文献 ⑩筆者名
(6)付録
①著者・訳者一覧(五十音順) ②日本古典文学(『岩波・日本古典文学大系』に登場する大蔵経典一覧 ③大蔵経と仏教美術―「大正新脩大蔵経・図像部」記載の仏像・仏画と経典の関連一覧 ④典籍名索引
数量:
詳細を見る
雄山閣アーカイブス 入浴と銭湯

雄山閣アーカイブス 入浴と銭湯

編著者 :
中野 栄三 
価格 :
2,160 円
初版年月日 :
2016/9/26
ISBNコード :
9784639024392
シリーズ名 :
雄山閣アーカイブス
在庫状況 :
在庫あり
概要文
日本人にとって身近で特別なもの、入浴。 入浴の歴史、浴槽・浴場の歴史、そして銭湯の歴史。身近でも知らないことの多いこれらの歴史を、文献資料や先行研究を駆使しまとめた一書。湯屋の設備や道具、湯屋の風俗やその組合や、入浴にまつわる道具の様々などをまとめる。
数量:
詳細を見る
複雑採集狩猟民とはなにか―アメリカ北西海岸の先史考古学

複雑採集狩猟民とはなにか―アメリカ北西海岸の先史考古学

編著者 :
ケネス・M・エイムス  ハーバート・D・G・マシュナー  佐々木 憲一  設楽 博己 
価格 :
12,960 円
初版年月日 :
2016/9/10
ISBNコード :
9784639024293
在庫状況 :
在庫あり
概要文
アメリカ北西海岸のネイティブは、農耕とは無縁の生活を行っていたいわゆる採集狩猟民であるが、一方で、奴隷まで存在した階層化社会を作り上げていた。
考古学的な遺跡と遺構をもとにした編年研究のもと、ビンフォードに学んだ理論考古学を駆使し、採集狩猟民の社会の実態を浮き彫りにする。
数量:
詳細を見る
歌舞伎 研究と批評57 特集―国立劇場の半世紀

歌舞伎 研究と批評57 特集―国立劇場の半世紀

編著者 :
歌舞伎学会 
価格 :
2,516 円
初版年月日 :
2016/9/20
ISBNコード :
9784639024477
シリーズ名 :
歌舞伎 研究と批評
在庫状況 :
在庫あり
数量:
詳細を見る
中国古代史論集―政治・民族・術数―

中国古代史論集―政治・民族・術数―

編著者 :
早稲田大学長江流域文化研究所 
価格 :
7,344 円
初版年月日 :
2016/09/05
ISBNコード :
9784639024354
在庫状況 :
在庫あり
概要文
「早稲田大学長江流域文化研究所」が推進してきた、日中共同研究プロジェクトの協力者による中国古代史の最新研究論文集。
数量:
詳細を見る
良寛を書く 新装版

良寛を書く 新装版

編著者 :
駒井 鵞静 
価格 :
3,456 円
初版年月日 :
2016/08/25
ISBNコード :
9784639024378
在庫状況 :
在庫あり
概要文
良寛処方のポイントを、かな、草書、行書、楷書に分類。豊富な図版と臨書例は、初心者から中級者の手本としてわかりやすいだけでなく、上級者にとっても自身の書法を見つめ直すきっかけを提供する。
巻末には「小編良寛物語」を付し、書人良寛がいかにして完成したのかを考察する。

「良寛の漢字」と「良寛のかな」とでは、どちらが好きか。どちらが巧いと思うかと訊かれたら、愛好者は困るだろう。漢字の味わいには、格別のものがあるし、かなの微妙な響きには、前人未到の悠久の美がある。前人未踏の場所ではなくて、何人も到達し得なかった境地であるから、良寛の場合、「前人未到」の書と記さなければならない。
ところが、良寛の書は――とくに晩年にたどりついた良寛書風というものは、決して難しいものではないということを、申し上げておきたい。(本文より)
数量:
詳細を見る
ページトップへ戻る