クリックして画像を拡大
都市・近郊の信仰と遊山・観光

都市・近郊の信仰と遊山・観光

書名 : 都市・近郊の信仰と遊山・観光
編著者 : 地方史研究協議会
価格 : 6,264 円
初版年月日 : 19991005
ISBNコード : 9784639016403
在庫状況 : 在庫僅少
  • 数量:

この商品に関するお問い合わせ

体裁

318p / 21cm / A5判

内容紹介

信仰から遊山、遊山から観光への変化をキーワードに、都市と近郊の交流が、地域社会にどのように影響を与え、独自な地域として変容していったのかを、多面的に検討。

目次

1 信仰と地域の形成(地方における古代の仏堂―神奈川県厚木市愛名宮地遺跡の事例を中心に;鶴岡八幡宮の成立と鎌倉生源寺・江ノ島;川崎大師信仰の展開 ほか)
2 信仰・遊山と地域の変容(戦国時代における参詣活動について―相・甲間の政治的状況との関連から;高野山塔頭の檀那場争い―相模国の場合;相武の地と江戸―その政治的・社会的関連性について ほか)
3 遊山・観光と都市・近郊の交流(道中記類資料に見る近世箱根の遊覧について―温泉観光地箱根の認識;箱根開発と箱根土地会社―堤康次郎の事業活動;羇旅の什器―人の移動の進暢と汽車土瓶)

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

在庫状況 : 在庫僅少

只今、在庫が非常に少なくなっております。 ご希望の冊数をご用意できない場合もございますので、お手数ですがご注文前に
下記『商品に関する問い合わせ』より、弊社まで在庫の有無をお問い合わせ下さい。
  なお、カバーの擦れや日焼けによる色あせ、ケースの角の潰れや汚れなど、外観に若干の傷みや経年劣化が生じている書籍での出荷となる場合がございます。
在庫状況の更新には細心の注意を払っておりますが、万一品切れの場合はご容赦下さいますようお願いいたします。
在庫の確認は、下記メールフォームのほか、お電話でも承っておりますのでお急ぎの際はお気軽に弊社営業部までお問い合わせ下さい。

ページトップへ戻る