クリックして画像を拡大
日本人とオオカミ 世界でも特異なその関係と歴史

日本人とオオカミ 世界でも特異なその関係と歴史

書名 : 日本人とオオカミ 世界でも特異なその関係と歴史
編著者 : 栗栖 健
価格 : 3,024 円
初版年月日 : 2015/5/25
ISBNコード : 9784639023593
シリーズ名 : 生活文化史選書
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:
シリーズ一覧

この商品に関するお問い合わせ

体裁

21cm/A5判並製・カバー/212頁

内容紹介

神から凶獣へ―
オオカミ観の二重構造はいかにして生まれたか。
伝承・文献のなかにオオカミのすがたを追い、日本人の生活のなかに息づいてきたニホンオオカミへの思いを浮彫りにする。

著者紹介

栗栖 健(くりす たけし)
1947年生まれ。広島県出身。早稲田大学法学部卒業。毎日新聞記者として滋賀県北部、丹後、山陰、奈良県吉野地方などで勤務。戦後の食糧難の記憶から農業に関心を持ち、自然条件の克服と協調の関係に目を向ける。30歳を過ぎた頃から野山の草木を見て歩き、植物相の遷移が動物の種類の変化、人間の営みとの関わりの変化を伴うことを知る。現在、毎日新聞社奈良支局五條通信部長。
<主要著書>
『アユと日本の川』(築地書館、2008 年)など。

目次

序  環境省自然環境局長 小野寺 浩/はじめに
第Ⅰ部 篠 原 踊
 口上に込めた祈り/シカ・イノシシ
第Ⅱ部 神から凶獣へ
 原始時代/古 代/秦氏と稲荷/万葉の野/六国史/平安時代/中 世/仏 教/近世 ― 人襲撃/半上村/狂犬病/「鬼」/
 大開発/「一村空と作す」/「豺狼」/ヨーロッパ/都市住民/狼信仰/国 学/オオカメ宮/早太郎/
 化ける/近世文芸/無 害
第Ⅲ部 オオカミがいたころ
 山の生活/見た人/根付け/声/送りオオカミ/大台通い/出合い/昭和の出合い/絶滅の謎/形 態/犬とオオカミ/
 生活様式/オオカミ封じ/記 録/『日本狼物語』

書評

2015/6/17 毎日新聞奈良支局発行版
詳細は下記リンクからご覧ください。
※弊社Facebookページへリンクします。

日本人とオオカミ 毎日新聞書評

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る