クリックして画像を拡大
横穴式石室と古墳時代社会 遺構分析の方法と実践

横穴式石室と古墳時代社会 遺構分析の方法と実践

書名 : 横穴式石室と古墳時代社会 遺構分析の方法と実践
編著者 : 太田 宏明
価格 : 6,696 円
初版年月日 : 2016/10/10
ISBNコード : 9784639024422
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:

この商品に関するお問い合わせ

体裁

22cm/A5判上製・カバー/247頁

内容紹介

近畿地方・九州地方を中心に、中国地方、東海地方、関東地方の横穴式石室を類型化しその伝播の様相を検討し、そこから、古墳時代社会組織のあり方を推論する方法論を提示し、実践する。
時代を越えて、遺構という考古資料の性質と研究法を問い直す。

著者紹介

太田宏明(おおた ひろあき)
昭和48 年生まれ
1998 年 関西大学大学院文学研究科博士課程前期課程修了 博士(文学)
現在、河内長野市教育委員会 文化財保護活用係長
〈主な論文〉
「畿内型石室の属性分析による社会組織の検討」『考古学研究』第46 巻第1 号
「畿内型石室の変遷と伝播」『日本考古学』第15 号
「考古資料の分類単位と過去の社会組織」『考古学雑誌』第94 巻第2 号 
〈主な著書〉
『古墳時代の考古学』同成社(共著)
『東日本の無袖横穴式石室』雄山閣(共著)
『畿内政権と横穴式石室』学生社(単著)

目次

序 章 遺構の伝播による社会的事象の復元
第1部 横穴式石室の形態・形質に関する分析と検討
 第1章 遺構を構成する属性
 第2章 属性が示す考古学的事象
 第3章 横穴式石室における分類単位と過去の社会的事象
第2部 横穴式石室の存在に付帯する状況に関する分析と検討
 第4章 横穴式石室地域類型の分布境界領域
 第5章 横穴式石室地域類型の伝播について
 第6章 横穴式石室地域類型と過去の社会的事象
     ~西日本・東海地方の資料を中心として~
終 章 横穴式石室の伝播からみた古墳時代の日本列島

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

その他のオススメ商品

ページトップへ戻る