クリックして画像を拡大
日本古代の氏族と政治・宗教 下

日本古代の氏族と政治・宗教 下

書名 : 日本古代の氏族と政治・宗教 下
編著者 : 加藤 謙吉
価格 : 7,560 円
初版年月日 : 2018/03/23
ISBNコード : 9784639025597
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:

この商品に関するお問い合わせ

体裁

21.5cm/A5判上製・カバー/256頁

内容紹介

日本古代の氏族と渡来人に焦点を当て、様々な視角から古代社会の実像に迫る!
下巻には「第三部 外交と渡来人」と「第四部 寺院と僧侶・経典」を収録。


『日本古代の氏族と政治・宗教 下』正誤表

p.168(三舟隆之「「西琳寺縁起」と「知識」―西琳寺は「知識寺」に非ず―」)のキャプションに誤記がございましたので、下記の通り訂正させていただきます。関係各位にお詫び申し上げます。

誤 西琳寺出土異物

正 西琳寺出土軒丸瓦

著者紹介

〈著者略歴〉
加藤 謙吉(かとう・けんきち)
1948 年 三重県に生まれる
1976 年 早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学
2001 年 博士(文学)(早稲田大学)
現在 成城大学・中央大学兼任講師
著書 『蘇我氏と大和王権』(吉川弘文館、1983 年)
『大和政権と古代氏族』(吉川弘文館、1991 年)
『秦氏とその民』(白水社、1998 年)
『難波吉士と西漢氏』(白水社、2001 年)
『大和の豪族と渡来人』(吉川弘文館、2002 年)
『大和政権とフミヒト制』(吉川弘文館、2002 年)
『ワニ氏の研究』(雄山閣、2013 年)
『渡来氏族の謎』(祥伝社、2017 年)

目次

第3部 外交と渡来人
 倭系百済官僚の基礎的考察 (仁藤敦史)
 渤海中臺省牒の出現と日渤外交 (河内春人)
 「百済の役」の亡命者に関する一考察― 亡命百済人の活動を中心に― (川嶋孝幸)
 渡来人と冠位制 (宮永廣美)
 『勘仲記』弘安十年七月十三日条所載「対馬守源光経解」について (近藤 剛)
 アメノヒボコ伝承の構成―記紀を比較して― (紅林 怜)
第4部 寺院と僧侶・経典
 奈良時代の疑偽経典目録について―『開元釈教録』巻第十八考― (小林真由美)
 「西琳寺縁起」と「知識」―西琳寺は「知識寺」に非ず― (三舟隆之)
 氏寺考―寺院縁起文の史料性検討を通して― (藤井由紀子)
 出迎えられる僧―菩提僊那・行基・鑑真― (水口幹記)
 道昌・惟宗氏と聖徳太子―平安時代初期・摂関期の秦氏と聖徳太子信仰 (榊原史子)

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る