日本村落史講座

表示順序
再検索
詳細カテゴリから検索する
9件の商品がございます。
9 特論

9 特論

編著者 :
岩崎 卓也  縣 敏夫  神谷 正義  石井 克己 
価格 :
5,242 円
初版年月日 :
19930219
ISBNコード :
9784639011439
シリーズ名 :
日本村落史講座
在庫状況 :
在庫僅少
数量:
詳細を見る
1 総論

1 総論

編著者 :
大塚 初重  木村 礎  福田 アジオ  峰岸 純夫 
価格 :
5,242 円
初版年月日 :
19920410
ISBNコード :
9784639010920
シリーズ名 :
日本村落史講座
在庫状況 :
在庫僅少
概要文
村落の概念、村落の歴史的呼称から説き起こし、村落史において不可欠な地域論について、具体的かつ多面的に論述。
さらに村落史研究に関係深いテーマを各時代ごとに選んで叙し、文化人類学・地理学・社会学等関連諸学からのアプローチを取り込み、最後に諸外国の動向も視野に収めつつ、村落史研究のあゆみを解説。
数量:
詳細を見る
6 生活 Ⅰ

6 生活 Ⅰ

編著者 :
織笠 昭  宮下 健司  山本 暉久  石川 日出志 
価格 :
5,242 円
初版年月日 :
19911120
ISBNコード :
9784639010654
シリーズ名 :
日本村落史講座
在庫状況 :
美本なし
概要文
景観・政治・生活という画期的な構成により、政治史・経済史はもちろん、地方史研究にも新しい方法論を提示。
先土器・縄文・弥生時代人の生活を、遺跡・遺物からどこまで再現できるのか。
また、古代の人びとの生活は?
中世の村落の様子は?
本巻はこの困難な課題に正面から取組み、歳時記と衣・食・住を柱として、原始から中世までの村の生活を、できうる限り具体的に描き、従来の村落史研究に新たな視点をもたらす。
数量:
詳細を見る
8 生活 Ⅲ

8 生活 Ⅲ

編著者 :
井川 克彦  岩本 純明  清水 洋二  松村 敏 
価格 :
5,242 円
初版年月日 :
19910820
ISBNコード :
9784639010487
シリーズ名 :
日本村落史講座
在庫状況 :
在庫僅少
数量:
詳細を見る
4 政治 Ⅰ

4 政治 Ⅰ

編著者 :
梅沢 重昭  黒沢 浩  末木 健  森岡 秀人 
価格 :
5,242 円
初版年月日 :
19910520
ISBNコード :
9784639010289
シリーズ名 :
日本村落史講座
在庫状況 :
品切
概要文
景観・政治・生活という画期的な構成により、政治史・経済史はもちろん、地方史研究にも新しい方法論を提示。
詳細を見る
3 景観 Ⅱ

3 景観 Ⅱ

編著者 :
木村 礎  須藤 護  仲村 研  門前 博之 
価格 :
5,242 円
初版年月日 :
19910220
ISBNコード :
9784639010142
シリーズ名 :
日本村落史講座
在庫状況 :
美本なし
数量:
詳細を見る
5 政治 Ⅱ

5 政治 Ⅱ

編著者 :
和泉 清司  大石 学  神崎 彰利  佐藤 孝之 
価格 :
5,242 円
初版年月日 :
19901120
ISBNコード :
9784639009962
シリーズ名 :
日本村落史講座
在庫状況 :
在庫あり
概要文
検地から説き起こし、近世の権力支配と共同体としての生活との対立的なありようを示すとともに、生活共同体である村落が明治維新を経て近代にかけてどのように変わったか、さらにその後、第二次世界大戦後までの村落の変化を政治の視点から辿ることにより、日本近代化の本質とその相剋を探る。
数量:
詳細を見る
2 景観 Ⅰ

2 景観 Ⅰ

編著者 :
価格 :
5,242 円
初版年月日 :
19900821
ISBNコード :
9784639009764
シリーズ名 :
日本村落史講座
在庫状況 :
美本なし
概要文
歴史を立体的・総合的に把える方法として、最近盛んになって来ている景観の視点がら村落を考察。
群馬の黒井峯遺跡など近年の広域発掘調査により急速に進展した研究成果をもとに、先土器時代から中世まで、イエという一つの点が集まり集落となり、それがまた村落へと変化してゆく過程を、その景観とともに明らかにする。
数量:
詳細を見る
7 生活 Ⅱ

7 生活 Ⅱ

編著者 :
岩本 由輝  佐藤 常雄  松山 利夫  水本 邦彦 
価格 :
5,242 円
初版年月日 :
19900518
ISBNコード :
9784639009566
シリーズ名 :
日本村落史講座
在庫状況 :
在庫僅少
概要文
近世の村人が村落共同体の中で,衣食住をふくみ日々どのように暮らしていたか、トータルな形で把え、地域史に根ざして、より具体的に描くことによって、村落生活の全体像に迫らんとするとともに、民俗学・文化人類学など関連諸学を援用して、村落生活史研究に新しい枠組みを用意する。
数量:
詳細を見る
ページトップへ戻る