クリックして画像を拡大
10 民俗研究の課題

10 民俗研究の課題

書名 : 10 民俗研究の課題
編著者 :
価格 : 5,184 円
初版年月日 : 20000420
ISBNコード : 9784639016472
シリーズ名 : 講座 日本の民俗学
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:
シリーズ一覧

この商品に関するお問い合わせ

体裁

271p / 21cm / A5判
上製・ケース

内容紹介

日本の民俗学の弱体化が叫ばれて久しい。
今、民俗はどこへ行こうとしているのか。
現状と課題を各々の立場から自由に提示し、その可能性を真摯に問う。

目次

1 民俗にとっての近代―ひとつの前提として(時代と社会のなかの「聞き書き」;生業伝承における近代―軍部の毛皮収集と狩猟の変容をとおして ほか)
2 伝承母体の変質―現代社会における民俗(民俗芸能の再創造と再想像―民俗芸能に係る行政の多様化を通して;民俗芸能大会の民俗誌―「都市化」した地域社会における民俗事象の様相 ほか)
3 「民俗」と「民族」への問い(日本列島の中央と地方;沖縄研究の課題 ほか)
4 民俗学の課題と展望(「普遍への回路」を求めて;自然誌としての民俗 ほか)

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る