クリックして画像を拡大
村のこころ

村のこころ

書名 : 村のこころ
編著者 : 木村 礎
価格 : 2,808 円
初版年月日 : 2001/09/10
ISBNコード : 9784639017486
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:

この商品に関するお問い合わせ

体裁

302p / 19cm / B6判
上製・カバー

内容紹介

人間の学としての歴史学にとっては無名の民の日常生活こそが貴重である、という著者がさまざまな具体例を検討することによってそれぞれの日常生活を可能にした条件を浮かび上がらせる。
今後の精神生活史の豊かな稔りを予感させる力編―三部作完結。

著者紹介

木村礎 [キムラモトイ] 1924年東京に生まれる。明治大学専門部地歴科および東京文理科大学国史学科卒業。明治大学名誉教授

目次

第1章 村の意識(村をまもる―里正杢左衛門の慶応二年;座る場所をきめる;祭りと喧嘩 ほか)
第2章 村人の学び(大原幽学のもとに集う人々;幽学没後の性学―変質、分裂、そして再建;「柴崎往来」の世界 ほか)
第3章 書くといういとなみ(家訓―家永続の願い;さまざまな遺書;年代記の世界 ほか)
終章 意味

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る