クリックして画像を拡大
9 民具と民俗

9 民具と民俗

書名 : 9 民具と民俗
編著者 : 香月 洋一郎 野本 寛一
価格 : 5,184 円
初版年月日 : 2002/11/08
ISBNコード : 9784639017721
シリーズ名 : 講座 日本の民俗学
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:
シリーズ一覧

この商品に関するお問い合わせ

体裁

315p / 21cm / A5判
上製・ケース

内容紹介

近代という圧倒的な流れの中で生きてきた日本人の技や知恵、心象世界を眼前の民具を通して現代の物質文化も含め考察することにより、地域文化にとっての近代の意味を逆照射する。

著者紹介

香月洋一郎 [カツキヨウイチロウ] 1949年2月6日生まれ。一橋大学社会学部卒。神奈川大学経済学部教授、日本常民文化研究所所員 野本寛一 [ノモトカンイチ] 1937年2月14日生まれ。国学院大学文学部文学科卒業。文学博士(1988年・筑波大学)卒。近畿大学文芸学部教授

目次

1 民具研究の視点(民具の定義とイメージ;民具・その造形への序説―知恵と技のつながり;物質文化史としての視座から;狩猟、その具体への視点―東日本の山間部にみられる罠猟を中心に;潜水漁の諸相―加齢と熟練;民具から歴史を読む)
2 民具と民俗世界(道具とその社会;信仰の造形―金毘羅信仰を事例に;心象世界と民具)
3 建造物と和船(建造物と諸施設―民家を中心にして;和船)
4 「民具」以後(職工たちの世界―ニギリやバイトにみる;日常生活用品への視点)

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る