クリックして画像を拡大
1 天下祭読本 - 幕末の神田明神祭礼を読み解く -

1 天下祭読本 - 幕末の神田明神祭礼を読み解く -

書名 : 1 天下祭読本 - 幕末の神田明神祭礼を読み解く -
編著者 : 都市と祭礼研究会
価格 : 2,160 円
初版年月日 : 2007/04/20
ISBNコード : 9784639019800
シリーズ名 : 神田明神選書
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:
シリーズ一覧

この商品に関するお問い合わせ

体裁

261p / 21cm / A5判
並製・カバー

内容紹介

甦る江戸の熱狂。
嘉永四年、日本が激動の渦中に歩を進めつつあった時代の神田祭を描き出す。

目次

資料翻刻本文「嘉永四亥年九月神田明神祭礼御用留」
読解帖(現代の神田祭について;天下祭の真の意味;国芳が描いた天下祭;附祭の音楽;天下祭と三熊野神社大祭;山車人形と人形師;祭礼に熱狂する人々―家持・若者・鳶の者;祭礼番附の見方;江戸の職人と天下祭)
資料編(「神田明神御祭礼附祭番附」(嘉永四年)
上野学園大学蔵「神田明神附祭芸人名前帳」(嘉永四年)
『藤岡屋日記』嘉永四年九月(抜粋)
日本橋・神田地域の名主支配町と祭礼町(嘉永三年))

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る