クリックして画像を拡大
子どもと語る「菜根譚」

子どもと語る「菜根譚」

書名 : 子どもと語る「菜根譚」
編著者 : 星雲大師
価格 : 1,296 円
初版年月日 : 2007/12/25
ISBNコード : 9784639020165
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:

この商品に関するお問い合わせ

体裁

109p / 19cm / B6判
並製・カバー

内容紹介

台湾の高雄にある佛光山寺の開山祖師、星雲大師が話された法話の中から、皆さんに身近なものを選び、五〇の語録にまとめた一冊。

著者紹介

星雲大師 [セイウンダイシ] 1927年、江蘇省江都県に生まれる。一二歳のとき、南京の志開上人のもとで出家。1949年、台湾に渡り、念仏会・弘法団を組織、布教の基礎をつくるかたわら『人生』『今日仏教』『覚世』など仏教関係の雑誌を編集。また佛光出版社を設立、テレビ出演や著述活動も精力的にこなし、1967年、佛光山を創建。教育・文化・慈善の事業をひろく推し進めるとともに、世界各国に、仏教の教えを広める寺院・道場を創設、今日、その数は二百以上に及ぶ。同時に、中国佛教研究院、佛光山叢林学院などを設けて研究と教育に力を注ぎ、多くの仏弟子を養成した。社会教育も重視し、普門中学・高校、佛光大学、南華大学、またアメリカ・カリフォルニア州の西来寺内には西来大学を設立するなど、教育による社会の進歩に貢献している。1985年、佛光山宗長の職を退き、中華漢蔵文化協会理事長に就任。1991年、中華佛光協会を設立、翌年には国際佛光会を発足させ会長に就任。1998年、佛光テレビ局を設立、2000年には日刊紙「人間福報」を創刊。現在は、国際佛光会世界総会会長、世界仏教徒友誼会名誉会長

目次

一生を決める運命とは
過去、現在、未来、永遠
幸せな人生を得るには
成功と名誉の後ろには
苦しみに耐えてこそ
忍耐できる人とは
なぜ試練が必要なのか
なぜ感謝と反省が必要なのか
なぜ思考と実践が必要なのか
何が人生を台無しにしてしまうのか〔ほか〕

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る