クリックして画像を拡大
鎮めとまじないの考古学 〈上〉 - 古代人の心 -

鎮めとまじないの考古学 〈上〉 - 古代人の心 -

書名 : 鎮めとまじないの考古学 〈上〉 - 古代人の心 -
編著者 : 甲斐 弓子 森 郁夫
価格 : 2,592 円
初版年月日 : 2013/4/10
ISBNコード : 9784639022671
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:

この商品に関するお問い合わせ

体裁

204p / 19cm / A5判
並製・カバー

内容紹介

鎮めとまじないは、神道的なもの、陰陽道的なもの、民間習俗的なものなど多岐にわたり、それぞれ変化しながら定着していく。考古学からみた古代の鎮めとまじないの、その時その時の動きをみつめる。

著者紹介

森郁夫[モリイクオ]
1938年名古屋市に生まれる。2013年5月逝去。國學院大學文学部史学科卒業。帝塚山大学客員教授・帝塚山大学考古学研究所・附属博物館館長を経て、帝塚山大学名誉教授、和歌山県文化財センター理事長。三河国分寺整備委員会委員長、日本宗教文化史学会評議員、法隆寺史編纂委員古代史部会長、京都国立博物館考古室長(1985~95)を歴任。博士(歴史学)

甲斐弓子[カイユミコ]
1952年大阪府に生まれる。帝塚山大学教養学部卒業。帝塚山大学大学院博士後期課程修了。帝塚山大学考古学研究所特別研究員、帝塚山大学非常勤講師、京都産業大学非常勤講師。博士(学術)。ベルギー王国より王冠勲章受章(1996年)。日本考古学協会会員・日本宗教文化史学会会員・日本ベルギー協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次

序章 古代人が畏怖した世界
第1章 鎮めと除災歳時記(考古学的まつりの起源 鎮めと除災の歳時記)
第2章 経典に見る鎮め(鎮護国家の経典)
第3章 政争と鎮め(長屋王の変 藤原広嗣の乱 ほか)
第4章 幅広い鎮めとまじない(古代の呪術師 病を鎮めるまじない ほか)
第5章 緑釉瓦と鎮め(瓦の意義 釉の意義 ほか)

書評

2013年7月11日・奈良新聞朝刊にて紹介
『研究熱心な師しのび―故森名誉教授と「まじない」の共著/帝塚山大の甲斐さん』

奈良新聞WEB
http://www.nara-np.co.jp/20130711091351.html

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る