クリックして画像を拡大
醇な酒のたのしみ

醇な酒のたのしみ

書名 : 醇な酒のたのしみ
編著者 : 古山 勝康
価格 : 2,376 円
初版年月日 : 2013/8/2
ISBNコード : 9784639022770
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:

この商品に関するお問い合わせ

体裁

四六版 並製・カバー

内容紹介

長年、食養(食物と飲料の秩序)研究に勤しんできた著者が、芳醇にして醇味あるお酒とは!
を繙く、お酒を知る本。
「醇な酒」とは濃味があり、ゆったりと熟成した混じりけのないお酒です。

著者紹介

古山勝康[フルヤマカツヤス]
1948年千葉県生まれ。千葉県千葉高等学校卒。
1987年11月より1989年3月まで、文部省第29次南極地域観測隊あすか基地越冬隊員(設営・調理担当)として勤務。
元日本ソムリエスクール校長。食養(食物と飲料の秩序)研究者。
リマ・クッキングスクール師範科特別講師。
千葉県千葉市中央区在住。

目次

第一部 日本酒編
序章  淡麗辛口と体力低下
第一章 「自然舞」という酒を造るお蔵のはなし
第二章 酒の陰陽・その食養的解釈について
第三章 承前・酒の陰陽について
第四章 調和型と相補型の提唱
第五章 海の酒と山の酒
第六章 菩提泉という名の自然酒のはなし
第七章 飲酒の気分について
第八章 承前・若山牧水の酒の和歌
第九章 焼酎のはなし
第十章 おとなり中国の酒のはなしのまえに
第十一章 中国の黄いろい酒と白い酒のはなし
第十二章 酒を煖めるはなし
第十三章 酒器について(前編)
第十四章 酒器について(後編)

第二部 ワイン編
序章  回想・ドイツワインとシュミットのころ
第一章 果実の酒・ワイン
第二章 ワインの温冷効果(前編)
第三章 ワインの温冷効果(後編)
第四章 ワインの撰びかた・たのしみかた(はじめに)
第五章 ワインの撰びかた・たのしみかた(Ⅰ)
第六章 ワインの撰びかた・たのしみかた(Ⅱ)
第七章 ワインの撰びかた・たのしみかた(Ⅲ)
第八章 ワインの撰びかた・たのしみかた(Ⅳ)
第九章 ワインの撰びかた・たのしみかた(Ⅴ)
第十章 ラインラント・ヴァインラント
第十一章 ラインラント・ヴァインラント・Ⅱ(回想)
最終章 承前・ラインラント・ヴァインラント・Ⅱ

参考資料「食養原理入門」
水のはなし その1・『原始の水』のもつ力
その2・水と健康

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る