クリックして画像を拡大
冶金考古学概論

冶金考古学概論

書名 : 冶金考古学概論
編著者 : 神崎 勝
価格 : 9,680 円
初版年月日 : 2006/10/18
ISBNコード : 9784639019497
在庫状況 : 在庫僅少
  • 数量:

この商品に関するお問い合わせ

体裁

476p / 21cm / A5判
上製・ケース

内容紹介

日本における金・銀・銅の採掘と製練および鋳造の歴史を考古学から読む。
佐渡金山遺跡、石見銀山遺跡、長登銅山遺跡、石垣山遺跡、堅田遺跡、飛鳥池遺跡など、古代から近世に至る金属生産とその遺跡の変遷を概説。

著者紹介

神崎勝 [カンザキマサル] 1942年張家口市生まれ。1971年立命館大学文学部史学科日本史学専攻卒業。奈良市史編纂室、東大阪市縄手遺跡調査会、多可郡教育委員会、妙見山麓遺跡調査会を経て、2005年よりNPO法人妙見山麓遺跡調査会監事。現在、日本鉱業史研究会理事、鋳造遺跡研究会世話人

目次

金属および金属器の生産(冶金考古学の課題;金属の生産技術;日本の金属器文化)
第1部 金属生産とその技術(古代の生産遺跡;中世・近世の生産遺跡)
第2部 鋳造とその技術(弥生時代の青銅器生産;飛鳥池遺跡の発見;歴史時代の鋳造遺跡)
第3部 鋳造遺跡とその変遷(飛鳥・白鳳時代;奈良時代;平安時代(前・中期)
平安時代(後期)
鎌倉・南北朝時代
室町・戦国時代
近世
第4部 冶金関係の考古資料と科学的分析(科学的分析と考古学的観察;製錬関係資料の分析;鋳造関係資料の分布)

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

在庫状況 : 在庫僅少

只今、在庫が非常に少なくなっております。 ご希望の冊数をご用意できない場合もございますので、お手数ですがご注文前に
下記『商品に関する問い合わせ』より、弊社まで在庫の有無をお問い合わせ下さい。
  なお、カバーの擦れや日焼けによる色あせ、ケースの角の潰れや汚れなど、外観に若干の傷みや経年劣化が生じている書籍での出荷となる場合がございます。
在庫状況の更新には細心の注意を払っておりますが、万一品切れの場合はご容赦下さいますようお願いいたします。
在庫の確認は、下記メールフォームのほか、お電話でも承っておりますのでお急ぎの際はお気軽に弊社営業部までお問い合わせ下さい。

ページトップへ戻る