クリックして画像を拡大
検証「前期旧石器遺跡発掘捏造事件」

検証「前期旧石器遺跡発掘捏造事件」

書名 : 検証「前期旧石器遺跡発掘捏造事件」
編著者 : 松藤 和人
価格 : 1,728 円
初版年月日 : 2010/11/11
ISBNコード : 9784639021551
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:

この商品に関するお問い合わせ

体裁

156p / 19cm / B6判
並製・カバー

内容紹介

「捏造事件」とは何だったのか―。
その背景と経過、日本考古学協会による検証作業をたどり、10年を経た今日、あらためて日本前期旧石器研究の方向性を問い直す。

著者紹介

松藤和人 [マツフジカズト] 1947年長崎県生まれ。1978年同志社大学大学院文学研究科文化史学専攻博士課程中退。現在同志社大学文学部教授、大学院文学研究科博士後期課程任用教員、西北大学客員教授、中国科学院古脊椎動物古人類研究所客員研究員。博士(文化史学)

目次

プロローグ
発掘捏造の学史的背景
ルビコン河としての座散乱木第三次調査
馬場壇A遺跡以後の調査
小田静夫らによる批判
破綻を見せた前期旧石器の型式編年研究
捏造発覚前の風評と異義申し立て
毎日新聞による発掘捏造スクープ
疑惑遺跡の検証へ
東北日本の旧石器文化を語る会主催の会津シンポジウム
日本考古学協会による特別委員会の発足
藤村告白メモ
検証はどのようにおこなわれたのか
藤村コレクションの中味
巧妙な捏造の手口
捏造に使われた石器はどこから
共同研究者たちの記者会見
検証をふりかえって
捏造後、何が変わったか
再生に向けて―日本旧石器学会・アジア旧石器協会の設立
どこまでさかのぼる日本列島の人類史
エピローグ―未来志向の研究

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る