クリックして画像を拡大
【7/21発売】新聞記者が見た古代日本 発掘の現場から

【7/21発売】新聞記者が見た古代日本 発掘の現場から

書名 : 【7/21発売】新聞記者が見た古代日本 発掘の現場から
編著者 : 関口 和哉
価格 : 2,640 円
初版年月日 : 2021/7/25
ISBNコード : 9784639027744
在庫状況 : ご予約受付中
  • 数量:

この商品に関するお問い合わせ

体裁

19cm/四六判並製・カバー/224頁

内容紹介

文化財記者としての20年あまりの取材・報道を通じて得られた知見や、感じてきたことを余すことなく記した一書。
発掘調査の結果得られた数多くの文化財についても、どのように保存をして後世に残していくのか、またただ保存をするのではなく、どのように活用し学びに生かしていくべきなのか。それらに報道がどのように関わっていけるのか、一石を投じる。

著者紹介

関口 和哉(せきぐち かずや)
1966 年、栃木県日光市生まれ。同志社大学文学部文化学科国文学専攻卒業。1990年、読売新聞大阪本社入社。鳥取支局を振り出しに、社会部主任、文化部編集委員などを経て現在、橿原支局長。日本考古学協会員。
共著に『飛鳥・藤原京の謎を掘る』(文英堂、2000)、『シルクロード紀行―正倉院へとつづく道―』(ミネルヴァ書房、2012)など。

目次

はじめに――なぜ文化財を報じるのか
第1章 古墳壁画の危機と文化財保存
第2章 世界遺産と陵墓問題
第3章 国際社会のなかの古代日本
第4章 邪馬台国論争は決着するか
第5章 古代史の常識を疑う

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る