クリックして画像を拡大
災害を語り継ぐ—複合的視点からみた天明三年浅間災害の記憶―

災害を語り継ぐ—複合的視点からみた天明三年浅間災害の記憶―

書名 : 災害を語り継ぐ—複合的視点からみた天明三年浅間災害の記憶―
編著者 : 関 俊明
価格 : 8,424 円
初版年月日 : 2018/1/25
ISBNコード : 9784639025535
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:

この商品に関するお問い合わせ

体裁

21㎝/A5判上製・カバー/400頁

内容紹介

災害の語り継ぎは、防災へ活かされるべき知識である。
天明三年の浅間山大噴火は、天明の大飢饉と重なり、大きな被害を出した。
⓵先人がどう対応してきたのか
②災害で亡くなった人々をどう追悼してきたのか
③災害の経験からどのような知恵や工夫が生まれたのか
④それをどのように語り継いできたのか
本書では、こうした4点から「天明三年浅間災害」へアプローチを試みる。
今に見られる災害の罹災状況についても照合し、単に「語り継ぎは昔話」とするのではなく、現代の防災へ活かされるべき知識として解説する。

著者紹介

関 俊明 (せき としあき)
1963年生まれ。群馬県東吾妻町在住。
群馬大学教育学部卒業。
平成28年度國學院大學大学院文学研究科史学専攻博士課程後期修了。博士(歴史学)。
県内小中学校勤務を経て、現在、群馬県埋蔵文化財調査事業団に勤務。
2004~2005年内閣府中央防災会議「災害教訓の継承に関する専門調査会」小委員会委員。

目次

災害の語り継ぎ ―はじめにかえて―
序 章 天明三年浅間災害・歴史災害の記憶

第一章 天明三年浅間災害にかかわる研究史
 第一節 学際的な視点と天明三年浅間災害
 第二節 地方史、郷土史における「天明三年」研究
 第三節 自然科学からみた天明三年浅間山噴火
 第四節 歴史学からみた「天明三年」
 第五節 考古学からみた天明三年浅間災害
 小 結

第二章 天明三年浅間災害の語り継ぎの構成
 第一節 取り組みの意義
 第二節 天明三年浅間災害と伝える事物
 第三節 事例と分類の試み
 第四節 自然的要素
 第五節 人文的要素
 小 結
→語り継ぎの要素を明らかにし、具体的な項目整理をおこない、語り継がれている機能や系譜を明確にすることで、減災文化の創造へつながる可能性を見出す。

第三章 語り継ぎの継続
 第一節 語り継ぎの所在と変化の実例
 第二節 災害からの救済と復興
 第三節 人物伝に登場する「天明三年」
 第四節 供養碑
 第五節 鎮撫・慰霊と奉納
 第六節 信仰や地域文化への特化
 第七節 災害地名
 第八節 年忌と供養
 小 結
第四章 我が国の火山系列の博物館について
 第一節 我が国の「火山」
 第二節 火山系列の博物館の定義と分類
 第三節 火山系列の博物館の一覧
 小 結

第五章 「風土記の丘」構想の再検討から学ぶ
 第一節 評価を扱う研究
 第二節 構想のあらまし
 第三節 史跡保存の背景
 第四節 風土記の丘設置の経過と理念
 第五節 国庫補助に拠らない風土記の丘
 第六節 二〇年経過した現況から学ぶこと
 小 結

第六章 語り継ぎの具体から野外博物館への展開とテーマ
 第一節 鎌原村―埋没した土砂の上に子孫の生活が続けられているムラ―
 第二節 川嶋村―絵図に描き残され地中に眠るムラ―
 第三節 震災遺構の存在
 第四節 野外博物館の構想
 小 結

終 章
おわりに
天明三年浅間災害語り継ぎの時間軸年表

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る