クリックして画像を拡大
泰緬鉄道からの生還

泰緬鉄道からの生還

書名 : 泰緬鉄道からの生還
編著者 : アルバート・モートン
価格 : 3,024 円
初版年月日 : 2009/08/06
ISBNコード : 9784639020981
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:

この商品に関するお問い合わせ

体裁

177p / 21cm / A5判
並製・カバー

内容紹介

1942年8月から1943年10月までの僅か一年余りの間に、約6万人の連合軍戦争捕虜と約20万人のアジア人が、タイのノーン・プラードゥクとビルマのダンビユザヤを結ぶ415キロの鉄道を敷設するため、日本軍によって強制労働に従事させられた。
イギリス軍兵士の著者は1942年2月にシンガポールで捕えられ、タイ駐留日本軍の捕虜となり、いわゆる死の鉄道を建設するために強制的に働かされたが、3年半をどうにか生き延びることができた。
この間、没収され罰せられる危険性がある中、日記を書き綴り、数々のスケッチを描き、戦後イギリスに持ち帰った。
この本はその日本語訳である。

著者紹介

モートン,アルバート [モートン,アルバート][Moreton,Albert] 1910年8月10日、ポルトガルのリスボン生れ。日本軍の戦争捕虜となっていた1942年から1945年までの期間に密かに三冊の小さな日記を綴った。1983年に死去。1932年、22歳でイギリス陸軍に入隊、2年後インドに派兵された モートン,ディビッド [モートン,ディビッド][Moreton,David C.] 1969年カナダ生まれ。1995年ブリディシュ・コロンビア大学東洋学部日本文化専攻卒業。2001年同学部修士課程(日本宗教史専攻)修了。2001年?現在、徳島文理大学客員講師

目次

一冊目の日記―一九四二年一一月四日~一九四四年六月一三日
二冊目の日記―一九四四年六月一三日~一九四五年三月一日
三冊目の日記―一九四五年三月三日~一九四五年一〇月二七日(一九四五年二月二日~一九四五年一二月二九日も含む)
帰国までのルート:一九四五年
その後のアルバート・モートン

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る