あ行

表示順序
再検索
詳細カテゴリから検索する
459件の商品がございます。
季刊考古学152号 古代国府・最新研究の動向

季刊考古学152号 古代国府・最新研究の動向

編著者 :
江口 桂  大橋 泰夫 
価格 :
2,640 円
初版年月日 :
2020/7/25
ISBNコード :
9784639027188
シリーズ名 :
季刊考古学 本誌
在庫状況 :
在庫あり
概要文
季刊考古学152号 特集:古代国府・最新研究の動向

特集にあたって( 坂詰秀一)
対談 古代の国府を語る (大橋泰夫・江口 桂)
畿内・東海道
 畿内の国府・調査研究の現状の成果と課題 (家原圭太)
 伊勢国府 国府と方格地割 (新田 剛)
 三河国府 国庁とその周辺 (林 弘之)
 相模国府 移転した国府と国府の実像 (若林勝司)
 武蔵国府 国府の景観とその復元 (野田憲一郎)
 下総国府 国府と郡家—郡家一体型国府としての事例— (山路直充)
 常陸国府 国府とその周辺の大規模工房 (小杉山大輔)
東山道・北陸道
 近江国府 飛雲の国・国庁と関連遺跡 (田中久雄)
 美濃国府 関国美濃の国府とその周辺 (原田義久)
 上野国府 国府と国分寺,その周辺 (阿久澤智和)
 下野国府 国庁と国府,その周辺 (山口耕一)
 陸奥国府 東北支配の拠点 (武田健市)
 北陸道の国府—越中・能登の国府を中心に— (杉山大晋)
山陰道・山陽道
 但馬国府 国府と祭祀の実態 (仲田周平)
 伯耆国府 国庁と国府の実像 (小田芳弘)
 出雲国府 国府と風土記,その景観 (是田 敦)
 備後国府 国府と山陽道 (道田賢志)
 周防国府 国衙と国府の実像 (平井耕平)
南海道・西海道
 南海道の国府—讃岐国府を中心に— (松本和彦)
 大宰府と西海道諸国 (杉原敏之)
 筑後国府 国庁の変遷と国府 (神保公久)
 豊前国府 九州最大級の政庁か—福原長者原官衙遺跡を中心に— (小川秀樹)
 肥前国府 国庁と国府の実像 (谷澤 仁)
 日向国府 国庁の変遷と国府 (津曲大祐)
リレー連載・考古学の旬 第10回
 寺院資財帳の考古学 (上原真人)
リレー連載・私の考古学史 第1回
 恩師・遺跡・書籍との出会い (甲元眞之)
数量:
詳細を見る
刀鍛冶考 その系譜と美の表現

刀鍛冶考 その系譜と美の表現

編著者 :
小笠原 信夫 
価格 :
19,800 円
初版年月日 :
2019/02/21
ISBNコード :
9784639026303
在庫状況 :
在庫あり
概要文
日本刀研究の第一人者、小笠原信夫の刀工論

――刀剣書にみられる刀工の精査分類というものは刀剣鑑定という永い歴史と伝統の中で培われたものであるが、それが歴史事実と掛け離れてしまって、刀剣分野での特殊な体系づけとなっている場合が往々にしてみられる。やはりこのような事象は歴史の中へ引き戻す必要のあることで、他の分野の職人史、工芸史と共に語られるものでなければならない。
(本書「第十章 備前長船鍛冶の研究」より)
数量:
詳細を見る
日本刀の鑑賞基礎知識 復刻版

日本刀の鑑賞基礎知識 復刻版

編著者 :
小笠原 信夫 
価格 :
3,960 円
初版年月日 :
2019/01/25
ISBNコード :
9784639026266
在庫状況 :
在庫あり
概要文
日本刀鑑賞の必携の書、待望の復刻。

――気高く威ある精神、日本人の清明なる心を端的に表したものが刀剣であると私は思う。
日本人が長い伝統のうちにつくり上げてきた刀剣の技と美、武人の美的たしなみとしての鑑刀の習慣はけっして忘れてよいものではない。千年に及ぶ歳月を絶間なく保存しつづけた刀剣の魅力を大いに理解していただきたいと希う次第である。(「はじめに」より)

刀剣の刀紋を特殊撮影し、刀の見方を具体的に図示。基礎となる鑑定と保存、歴史的背景等を 分かり易く説明するほか、刀匠・研師など現場の人々の専門知識も満載。

※本書は、2000 年5 月に至文堂より刊行された『日本刀の鑑賞基礎知識』を底本に、紙面を刷新し刊行するものです。
数量:
詳細を見る
日本古代氏族研究叢書7 阿倍氏の研究

日本古代氏族研究叢書7 阿倍氏の研究

編著者 :
大橋 信弥 
価格 :
5,500 円
初版年月日 :
2017/12/25
ISBNコード :
9784639025436
シリーズ名 :
日本古代氏族研究叢書
在庫状況 :
在庫あり
概要文
地方豪族や渡来氏族を同族に組み込み、マエツキミ(大夫)の筆頭として大和政権の中枢で多方面な活動を示すなど、様々な顔を持つ阿倍氏。
継体・欽明朝以降、急速に政権中枢に進出し、蘇我氏とともに政局を牽引した阿倍氏とその同族のルーツと氏族的性格を、王権儀礼や海外交渉、さらにミヤケ運営への関与などに加え、同祖系譜の成立過程の詳細な分析から検証する。
数量:
詳細を見る
海の人類史-東南アジア・オセアニア海域の考古学-[増補改訂版]

海の人類史-東南アジア・オセアニア海域の考古学-[増補改訂版]

編著者 :
小野 林太郎 
価格 :
2,860 円
初版年月日 :
2018/3/10
ISBNコード :
9784639025573
シリーズ名 :
環太平洋文明叢書
在庫状況 :
在庫あり
概要文
人類の祖先はいかにして環太平洋圏にひろがる海域世界へ進出したのか?
東南アジアからオーストラリアにまたがるウォーラシア海域周辺の発掘成果を中心に、出アフリカからポリネシアまで続いた人類の旅の軌跡を、最新の学説を交えてたどる。
初版刊行後の研究成果を加えた増補改訂版!
数量:
詳細を見る
海の人類史 東南アジア・オセアニア海域の考古学

海の人類史 東南アジア・オセアニア海域の考古学

編著者 :
小野 林太郎 
価格 :
2,860 円
初版年月日 :
2017/02/25
ISBNコード :
9784639024408
シリーズ名 :
環太平洋文明叢書
在庫状況 :
在庫あり
概要文
人類の祖先はいかにして環太平洋圏にひろがる海域世界へ進出したのか?
東南アジアからオーストラリアにまたがるウォーラシア海域周辺の発掘成果を中心に、出アフリカからポリネシアまで続いた人類の旅の軌跡を、最新の学説を交えてたどる。
数量:
詳細を見る
横穴式石室と古墳時代社会 遺構分析の方法と実践

横穴式石室と古墳時代社会 遺構分析の方法と実践

編著者 :
太田 宏明 
価格 :
6,820 円
初版年月日 :
2016/10/10
ISBNコード :
9784639024422
在庫状況 :
在庫あり
概要文
近畿地方・九州地方を中心に、中国地方、東海地方、関東地方の横穴式石室を類型化しその伝播の様相を検討し、そこから、古墳時代社会組織のあり方を推論する方法論を提示し、実践する。
時代を越えて、遺構という考古資料の性質と研究法を問い直す。
数量:
詳細を見る
季刊考古学136号 西日本の「天智紀」山城

季刊考古学136号 西日本の「天智紀」山城

編著者 :
小田 富士雄 
価格 :
2,640 円
初版年月日 :
2016/8/1
ISBNコード :
9784639024286
シリーズ名 :
季刊考古学 本誌
在庫状況 :
在庫あり
概要文
白村江の敗戦を直接的契機として「天智紀」に記された西日本の山城・水城は現在も発掘調査や整備事業が継続され,新しい事実発見や整備事業などの成果があげられている。神籠石系山城に触れつつ、現在の研究の到達点を示す。
数量:
詳細を見る
増補版 香の本

増補版 香の本

編著者 :
荻須 昭大 
価格 :
3,300 円
初版年月日 :
2017/12/25
ISBNコード :
9784639025467
在庫状況 :
在庫あり
概要文
作法や成り立ち、移ろう季節、香りの表し……
奥深い香道の世界を、身近に手に取れる一冊に!
これまで“他見を許さず”門外不出の扱いであった「香銘大鑑」を掲載し、香道にふれるなら欠かすことのできない1冊として、刊行後すぐに初心者から上級者まで、広く人気を集めた「香の本」。「組香解説」を加え、さらに便利に、バージョンアップした増補版です。
数量:
詳細を見る
香の本

香の本

編著者 :
荻須 昭大 
価格 :
3,300 円
初版年月日 :
2016/5/25
ISBNコード :
9784639024248
在庫状況 :
在庫あり
概要文
香道を深く愉しむために。
成り立ち、作法、香りの表し…、
紐解き知る奥深き世界。
香銘を識る『香銘大鑑』を収録。

※本書籍には新版がございます。

増補版 香の本

数量:
詳細を見る
縄文玉文化の研究―九州ブランドから縄文文化の多様性を探る―

縄文玉文化の研究―九州ブランドから縄文文化の多様性を探る―

編著者 :
大坪 志子 
価格 :
13,200 円
初版年月日 :
2015/5/20
ISBNコード :
9784639023531
在庫状況 :
在庫あり
概要文
縄文時代後晩期に、九州独自の価値観を現すクロム白雲母製玉が、九州から東日本に広がっていた。
従来の玉研究の「型式」「年代」「製作技法」に、「石材分析」を加えた調査をもとに、九州の早前期~後晩期の装身具の変遷を構築し、九州から縄文玉文化全体を見直す。
数量:
詳細を見る
金印再考―委奴国・阿曇氏・志賀島―

金印再考―委奴国・阿曇氏・志賀島―

編著者 :
大谷 光男 
価格 :
3,080 円
初版年月日 :
2014/4/25
ISBNコード :
9784639023036
在庫状況 :
在庫あり
概要文
今なお偽作説・私印説の唱えられている金印「漢委奴国王」。
古代中国の印制、金印発掘の経緯の再検証に加えて、金印出土地周辺を本貫としワタツミ三神を祀った阿曇氏の消長、中世以降の志賀島の変容を追いながら、真印の立場から金印研究の現状と今後の課題について評論する。
数量:
詳細を見る
土器の実測をしよう! はじめて実測を試みるあなたへ 第2弾

土器の実測をしよう! はじめて実測を試みるあなたへ 第2弾

編著者 :
九州文化財研究所  小畑三千代 
価格 :
2,200 円
初版年月日 :
2013/12/6
ISBNコード :
9784639022916
在庫状況 :
品切
概要文
〈國學院大學名誉教授 小林達雄先生推薦〉 文化財に長年携わってきた著者が送る、初心者にむけた土器実測の教科書。多くのイラストを用い、視覚的にわかりやすく解説する。
詳細を見る
9 特論

9 特論

編著者 :
岩崎 卓也  縣 敏夫  神谷 正義  石井 克己 
価格 :
5,339 円
初版年月日 :
19930219
ISBNコード :
9784639011439
シリーズ名 :
日本村落史講座
在庫状況 :
在庫僅少
数量:
詳細を見る
敵討の歴史

敵討の歴史

編著者 :
大隈 三好 
価格 :
2,640 円
初版年月日 :
2016/10/25
ISBNコード :
9784639024385
シリーズ名 :
雄山閣アーカイブス
在庫状況 :
在庫あり
概要文
歌舞伎などの、非常に多くの演目で扱われている敵討。
はじめは復讐心の自然な発露であった敵討は、武士道が完成する江戸時代には様々な規則が設けられるに至った。
江戸時代を中心に、神代から明治までの敵討を取り上げ、日本人と敵討の関係を浮き彫りにする。
敵討という行為を通じ日本人の精神に思いを馳せる一書、堂々の復刊!
数量:
詳細を見る
ページトップへ戻る