クリックして画像を拡大
中近世陶磁器の考古学 第十巻

中近世陶磁器の考古学 第十巻

書名 : 中近世陶磁器の考古学 第十巻
編著者 : 佐々木 達夫
価格 : 7,344 円
初版年月日 : 2019/5/25
ISBNコード : 9784639026525
シリーズ名 : 中近世陶磁器の考古学
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:
シリーズ一覧

この商品に関するお問い合わせ

体裁

22cm/A5判上製・カバー/328頁

内容紹介

遺跡から出土する陶磁器は歴史資料「考古学陶磁器」として、遺跡との関係で地域・時代・階層の情報を身にまとう。
本書はそれら資料に基づいた多様な研究法と新鮮な論点から語られる生活文化史のシリーズ第十巻である。

著者紹介

佐々木達夫(ささき たつお)
1945年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科考古学専門課程博士課程単位取得退学。金沢大学教授、同学評議員・埋蔵文化財調査センター長を経て、現在、金沢大学名誉教授、古代学協会理事、日本考古学会評議員、石川県埋蔵文化財センター評議員。文学博士。
[主要著書]
『元明時代窯業史研究』(吉川弘文館 1985)、『畑ノ原窯跡』(波佐見町教育委員会 1988)、『日本史小百科・陶磁』(東京堂出版 1994)、『陶磁器、海をゆく』(増進会出版社 1999)、『ペルシア湾と紅海の都市遺跡比較から見る古代海上貿易史研究』(金沢大学 2004)、『九谷A遺跡範囲確認調査報告書』(加賀市教育委員会 2005)、『タニ窯跡の研究―カンボジアにおける古窯の調査―』(連合出版 2007)、『地域社会の文化遺産から探るイスラーム陶器の文化的変遷』(金沢大学 2008)、『シャルジャ、砂漠と海の文明交流』(シャルジャ展日本開催委員会 2010)、『中国陶磁 元青花の研究』(編著 高志書院 2015)、『中近世陶磁器の考古学 第一巻~第九巻』(編著 雄山閣 2015 ~ 2018)ほか多数。

目次

まえがき(佐々木達夫)
東海地方における山茶碗の流通状況(山本智子)
濃尾地域における中世調理具の生産と流通―片口鉢から擂鉢へ―(森まどか)
越前窯跡群における中世前期の生産構造と段階的変遷(木村孝一郎)
備前焼の窯印―桃山時代の茶陶に見られる、いわゆる梅鉢文から―(重根弘和)
17世紀の有田における磁器生産の変遷―窯跡出土の芙蓉手皿を通じて―(山本文子)
17世紀末から18世紀前半の長崎における3つの陶磁器様式について(田中 学)
唐人屋敷建設後の貿易陶磁―18世紀を中心とした陶磁器流通―(扇浦正義)
19世紀における出雲の磁器生産―山陰沿岸部の磁器窯―(阿部賢治)
江戸の小「徳利」、「二合半」か、「三合」か?―「 定量容器」の持つ意味―(長佐古真也)
磁器の合子を発注した人―野中烏犀園薬舗伝世資料を中心に―(小川 望)
海外に運ばれた有田磁器の製作技術―オランダ・フローニンゲン博物館所蔵資料の考古学的研究―(髙島裕之)
神聖ローマ帝国諸侯の磁器陳列室にみる政治性と日本の表象―ブランデンブルク=プロイセンおよびザクセンの事例を中心に―(櫻庭美咲)
福建産粗製陶磁器の貿易―双喜文碗を中心に―(坂井 隆)
「混水」と「分水」の文献考証(陳 殿)

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る