クリックして画像を拡大
【6/25発売】アッサム紅茶文化史

【6/25発売】アッサム紅茶文化史

書名 : 【6/25発売】アッサム紅茶文化史
編著者 : 松下 智
価格 : 3,024 円
初版年月日 : 2019/6/25
ISBNコード : 9784639026570
シリーズ名 : 生活文化史選書
在庫状況 : 在庫あり
  • 数量:
シリーズ一覧

この商品に関するお問い合わせ

体裁

21cm/A5判並製・カバー/248頁

内容紹介

紅茶文化発展の出発点となったインド・アッサム地方、その知られざる歴史と文化。
アッサムの製茶文化と、紅茶産業の成立と発展過程を詳述した画期的名著、待望の復刊。

本書は平成11 年(1999)に小社より出版した『アッサム紅茶文化史』を〈生活文化史選書〉シリーズの1冊として刊行するものです。なお今回の出版にあたっては初版掲載の「史料編」と「索引」は割愛いたしました。

著者紹介

松下 智(まつした さとる)
1930年 長野県生まれ。愛知学芸大学(現・愛知教育大学)卒業。
愛知県立西尾実業高等学校教諭、愛知県立安城農林高等学校教諭を経て、愛知大学国際コミュニケーション学部教授に就任(後に定年退職)。
1970年 茶の文化振興のために社団法人豊茗会を設立。
2003年 O-CHA パイオニア賞受賞/学術研究大賞受賞。
2016年 長年にわたり収集した茶道具類や研究資料を静岡県袋井市に寄贈。
<主要著書>
『日本の茶』(風媒社)、『日本茶の伝来―ティロードを探る』(淡交社)、『中国の茶―その種類と特性』(河原書店)、『茶の民族誌―製茶文化の源流』(雄山閣)、『緑茶の世界―日本茶と中国茶』(雄山閣)、『日本名茶紀行』(雄山閣)、『ヤマチャの研究―日本茶の起源伝来を探る』(岩田書院)、『茶の原産地を探る』(大河書房)、ほか多数。

目次

第1章 アッサムの自然と人々
第2章 アッサムの自生茶
第3章 アッサムの諸地域
第4章 アッサムとアホム王国
第5章 転換期のアッサム
第6章 アッサム茶産業の成立
第7章 アッサム茶産業の発展

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る