クリックして画像を拡大
韓日初期複雑社会の 集落体系の比較 GIS を用いた空間考古学的検討

韓日初期複雑社会の 集落体系の比較 GIS を用いた空間考古学的検討

書名 : 韓日初期複雑社会の 集落体系の比較 GIS を用いた空間考古学的検討
編著者 : 姜 東錫
価格 : 13,200 円
初版年月日 : 2020/5/25
ISBNコード : 9784639027119
在庫状況 : ご予約受付中
  • 数量:

この商品に関するお問い合わせ

体裁

280p / 27cm / B5判上製・函入

内容紹介

水稲耕作の導入により韓国、日本ともに社会的・経済的に大きな変化が生じた。
韓国の栄山江流域と麗水半島、日本の奈良盆地を研究対象に、GIS を用いた空間考古学的研究方法論を研究手法にして集落パターンの分析と解釈を行い、韓日初期複雑社会がどのように形成されていったのか、相似性と相違性について鋭く切り込む。

著者紹介

姜 東錫(カン・ドンソク)
1975 年韓国全羅南道長興郡生まれ。2017 年立命館大学大学院文学研究科終了 博士(文学)。現在、韓国文化財庁国立文化財研究所 学芸研究官

目次

第Ⅰ章 社会複雑化と集落パターン
第Ⅱ章 韓日初期複雑社会の集落論
第Ⅲ章 韓日初期複雑社会の集落パターンの研究方法
第Ⅳ章 栄山江流域支石墓社会の集落パターン
第Ⅴ章 麗水半島支石墓社会の集落パターン
第Ⅵ章 奈良盆地弥生社会の集落パターン
第Ⅶ章 韓日両地域における初期複雑社会の集落システムの比較

購入者レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ページトップへ戻る