ふじのくに地球環境史ミュージアム・富士山世界遺産センター

表示順序
再検索
詳細カテゴリから検索する
3件の商品がございます。
環境考古学と富士山 第4号

環境考古学と富士山 第4号

編著者 :
ふじのくに地球環境史ミュージアム・富士山世界遺産センター 
価格 :
2,860 円
初版年月日 :
2020/3/25
ISBNコード :
9784639027065
在庫状況 :
ご予約受付中
概要文
特集1「年縞環境史学の新地平」
年縞環境史学の新しい軸……山田 和芳
福井県三方五湖の堆積物に記録される洪水と花粉分析から推測される植生への影響……北川 淳子/瀬戸 浩二/篠塚 良嗣/小島 秀彰/山田 和芳/吉田 丈人
フィンランドにおける年縞堆積物から産出する珪藻遺骸群集―人新世環境変動アーカイブとしての年縞湖沼堆積物の活用をめざして―……鹿島 薫/福本 侑/サーリネン, ティモ-
年縞を用いた放射性炭素の海洋リザーバー効果の経時変化の評価:釧路市春採湖の完新世コアの研究事例……中西 利典/七山 太/ホン, ワン
湖沼堆積物と生物遺骸が可能にする長期生態・進化学的研究……大竹 裕里恵/大槻 朝/占部 城太郎/木村 成子/山田 和芳/吉田 丈人
北海道網走湖における年縞堆積物の特徴と近年の環境変化……瀬戸 浩二/香月 興太/北川 淳子/園田 武/山田 和芳/川尻 敏文
藻琴湖(北海道)年縞堆積物にみる環境史……香月 興太/瀬戸 浩二/高田 裕行/辻本 彰/園田 武

特集2「富士山が持つ物語を読み直す―新たな地域理解と実践に向けて―」
地理学者がみた富士宮のここがすごい―富士山の恩恵と禍害―……山田 和芳
地域の伝承に関連する文化遺産保護の新展開―研究動向と富士山麓での展望―……山川 志典
数量:
詳細を見る
環境考古学と富士山 第3号

環境考古学と富士山 第3号

編著者 :
ふじのくに地球環境史ミュージアム・富士山世界遺産センター 
価格 :
2,860 円
初版年月日 :
2019/3/25
ISBNコード :
9784639026419
在庫状況 :
在庫あり
概要文
特集「富士山学を拓く」 富士山学を拓く― 静岡県富士山世界遺産センターと富士山学研究の可能性―(松島 仁)

<視点1:移動と人類世> 登山記と登山案内図に見る富士登山の習俗―大宮・村山口登山道を中心に―(井上 卓哉)

<視点2:東西文化交渉のなかの富士山イメージ>
明帝国と日本の富士山攻防戦― 東アジアにおける文化交渉の一齣―(唐 権)

<視点3:富士山周辺域の環境、過去・現在・未来>
富士山の生物多様性の特徴とその価値(岸本 年郎)

<視点4:富士山学の可能性>
富士山と「見立て」(田代 一葉)
いったい何が「参詣曼荼羅」なのか―学術用語の概念規定への試み―(大高 康正)
数量:
詳細を見る
環境考古学と富士山 第2号

環境考古学と富士山 第2号

編著者 :
ふじのくに地球環境史ミュージアム・富士山世界遺産センター 
価格 :
2,860 円
初版年月日 :
2018/03/28
ISBNコード :
9784639025627
在庫状況 :
在庫あり
概要文
世界自然遺産 富士山は、日本文化のシンボルであるとともに、地球環境史においても重要な研究成果をもたらしている。
富士山の麓で、地球環境と日本文化の研究成果を提示する、文理融合の研究誌。特集「環境史の視点で切り拓く地平」
数量:
詳細を見る
ページトップへ戻る